忍者ブログ
アレコレ好き勝手に絵板で描き散らしてます 一緒に特撮やアニメの話をしませんかぃ?うぃ?
[52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [42]  [41
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ダイヤモンドアイ

松田聖子さんって知ってます?
そんじゃ彼女の歌った
「瞳はダイアモンド」は?
あっはっはっはっは いや~この曲を初めて聴いたときは大笑いしました
「おお!アイの歌だ~っ」てw

今回は
「正義の味方」という言葉の生みの親でもある
川内康範先生原作のダイヤモンド・アイであります


ダイヤモンド・アイ OP



特撮作品のナレーションといいますとやっぱり中江真司さんの
「仮面ライダー、本郷猛は改造人間である
 彼を改造したショッカーは悪の秘密結社である(以下略)」

が世間的にも有名なのではと思います 
毎回同じ決め台詞を聴かされるんですから耳に馴染んじゃってますw
んで、中江さんは今作ダイヤモンド・アイの作中ナレーションもやっておられます
ただしこちらは毎回同じ決め台詞を言うのは正義の(…と書いてハタと思いましたが、アイって主人公じゃないし怪人ってのとも違うし…う~ん、やはりここは他の川内作品のごとく…)使徒であるダイヤモンド・アイその人と敵の前世魔人の皆さんたちであります 曰く…
アイ
「外道照身霊波光線!汝の正体見たり!前世魔人○○!!」
前世魔人「ばぁ~れ~たか~」
いや~言いまくってましたね このセリフ なんかと言っては「ばぁ~れ~たか~」「ばぁ~れ~たか~」ってw

ダイヤモンド・アイという作品が仮面ライダーと決定的に違う点は
変身するのは悪者の方ってことですね
アイの光線によって無理やり前世の姿に変えられ(戻され)ちゃうんです
アイ自身は主人公であるフリールポライター雷 甲太郎から呼ばれて出てくるだけで最初からあの姿w
主人公とヒーローが別人でもって、ヒーローがこっちの世界にいる滞在時間に特に足枷もなかったりしましたので甲太郎がヘンな相談をするためにアイを呼び出してみたりというシーンもありました
ヘンといえば準レギュラーで刑事さんなども出てくるんですが
その刑事部屋のセットが
「七曲署@太陽にほえろ!」の流用だったので
子供ながらにいつボスがでてくるのかわくわくしてましたよ そんな事あるわけないのに…
(主役の雷 甲太郎を演じてらした大浜詩郎さんは映画などでボス(石原裕次郎さん)の吹き替えスタントをやってらっしゃたそうでココでも太陽にほえろ!繋がりがw)



ダイヤモンド・アイ 外道照身霊波光線


赤い服を着て木の影から覗いてるのが主人公!
おまえは明子ねえちゃんかw
  【明子ねえちゃん】“巨人の星”の主人公「星飛雄馬」のお姉さん
           父、星一徹と弟のスパルタ特訓を電柱や木の陰から
           こっそりと覗いて見守っていました
           後に飛雄馬のライバルだった花形満の奥様となります



原作者の川内康範先生はご存知のように
月光仮面
愛の戦士 レインボーマン
正義のシンボル コンドールマン

も手がけられていらっしゃいます
(ちなみにダイヤモンド・アイのサブタイトルは「光の戦士」ですが特に番組タイトルとして冠されてはいません。これはレインボーマンやコンドールマンも同じです)
それだけじゃありません 映画や特撮、アニメ等の原作や監修、監督は元より歌謡曲の作詩(誤字ではありません、川内先生は“作詞”という言葉がお嫌いなのだそうです by竹熊健太郎)、文筆活動そして第67代内閣総理大臣福田赳夫の秘書など等、…まさに八面六臂のご活躍をされています
近頃あの妙な歌手(わたしはあの歌手嫌いです!前の奥さんへの仕打ちなどヒドすぎる)のせいで久々にマスコミへ顔を出されましたが
なんだか各局の報道番組での先生の扱われようが実に腹立たしい!
杖を振り回されたシーンばっかし流すなよ!「インタビューお断り」って言っても勝手に張り付いてる報道陣に先生は優しく差し入れされたっていうじゃないか!
そういう事には全然触れないのはどういうこと?
先生の人柄を報道する際に元海軍にいらしたけども病気除隊…そのために自分だけが生き残ったとの想いから私財を投げうって
沖縄や南方で英霊たちの遺骨収集活動をされたなんていう報道は全く見かけない! なんでだ!

私事でありますがおいらは子供の頃今は亡き父から「憎むな 赦してやれ」という言葉を何度も聴かされて育ちました
父が月光仮面のキャッチコピー
「憎むな 殺すな 赦しましょう」を知っていたのかどうかは不明です(恐らく知らなかったとおもいます)が
おいらも自分の子供たちにそれを言っています…でもああいった悪意ある報道(おいら的に)を観ていると、これから先の時代それで通じるのか…不安になるときがありますよ

あ、先生のあだなは「スヌー」w 奥様(ブロンド美人♪)からスヌーピーに似てるからと付けられたんだそうですよ



ダイヤモンド・アイ ED



月光仮面とダイヤモンド・アイにはどちらにも「カボ子」というキャラがいるそうですが
月光仮面のほうは…ん~~~知りません…(汁 







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
「おふくろさん」問題で川内康範という名前を見たとき、まるで『月光仮面』や『レインボーマン』の原作者のような名前だ、と思っていましたがご本人でしたか…(大汗)。不勉強ながらこのような多才な方だとは存じませんでした。
で、『ダイヤモンド・アイ』ですが、このころはすでに"卒業"してた時期でそういう番組があるのは知ってましたが残念ながら視聴するにはいたってませんでした。てか、"卒業生"の立場で観ると「ばれたか~」はネタとしか…(笑)。
たるP 2007/03/25(Sun)10:33:44 編集
あの名曲…
『死ね死ね団のテーマ』もこの方の作詩なのですね。
すげぇや。
たるP 2007/03/25(Sun)10:39:28 編集
正義の使者
川内康範先生と言うとやはり「月光仮面」ですが、今回の「森事件」は「憎むな 殺すな 許しましょう、、だが森進一は例外だ!」って感じですね、しかも誰も森進一を庇わない(テレビはまあ腐ってるし、同じ孔の狢)

しかし懐かしい、、「ばれたかばれたば~れば~れ~だ~!」
http://www17.plala.or.jp/daiamondoai/newpage1.html
後で後半のヒロインで敵の首領の娘「ヒメコブラ」をアップしておきます、最終話でライコウをかばって父キングコブラの剣で、、、
ざんぶろんぞ 2007/03/25(Sun)11:49:18 編集
大物っすよ
いや~先生は芸能界はもとより政財界にも顔が利く超大物でらっしゃいますから
正直いままでM氏のあれこれを後ろで××して上げてたのも先生ですし
だからね例の離婚関連も和田アキ子さん以外に彼のことをボロクソ言うひとは居なかったわけなんですよ
普通ならあんなマネしておいてのうのうとなんかしてられませんよ
それをバカなM氏はなにをトチ狂ったのかあんな発言までしやがってね
そりゃもう先生が怒るのも無理ないですわ
M氏が学校の音楽の教科書に載ったのだって
(今も載ってるのかどうかわかんないですけど…)
きっと先生に敬意を表してのことだったハズなのに…まったく
その気になればあんなヤツなんか芸能界から抹殺する事だってできるのに…先生はお優しいからなぁ…
トーマ 2007/03/27(Tue)04:06:10 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新CM
(11/15)
(11/14)
(06/12)
(01/15)
(01/15)
(01/12)
(12/20)
(11/15)
(11/14)
(10/16)
プロフィール
HN:
トーマ
性別:
非公開
趣味:
お絵かき
フリーエリア
QRコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]