忍者ブログ
アレコレ好き勝手に絵板で描き散らしてます 一緒に特撮やアニメの話をしませんかぃ?うぃ?
[34]  [31]  [29]  [27]  [25]  [24]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マジンガーZ

マジンガーZ、グレートマジンガー、グレンダイザー
この3作品は永井豪さん原作のTVアニメーションであります
どれも面白い作品でしたw当時はまだご幼少のわたくしもいつも楽しく拝見していたものです
だけんども友人知人等とこの3作品の話をしますとど~も微妙に食い違いがございまして
っかしいなぁなんでかな~?と思いましたらば…
どうやら私は桜多吾作さんによってコミカライズされた作品と一部混同している部分があったりなんぞしていたわけなんですな あっはっは・汁
それもこれも桜多版マジンガーが私のフェバリットコミックであるからこそなんでしょうが
その桜多版マジンガーなんですが…ご存知ですか?
正に隠れた名作(といっても近年復刻されたりしましたがw)であるこの3部作!
せっかくなので(俺はコンバット越前かw)ちょっくらレビューとまいりましょう
先ずはマジンガーZから 以下ネタバレ注意

マジンガーZ
元は少年ジャンプで連載されていました
え?ジャンプで連載は原作者でもある豪ちゃんじゃないの?
と思われた方 半分正解です
実は「別冊」少年ジャンプでもマジンガーZを掲載しておりまして
そちらの作者が桜多吾作さんだったりいたします
このジャンプ時代は良くも悪くもTV版プロットのまんまですが
(もっとも豪ちゃんの原作マンガがアレなんで
できるだけTV版に沿って描いてくれと言われてたのだそうです)
さやかちゃんがめっちゃ可愛いのでOKです
さてその後、桜多マジンガーは連載の場を「冒険王」へと移します
これは週間Jの豪ちゃんマジンガーが終了(同時期に少年マガジンに連載していたデビルマンに専念)する事になったため
別誌とはいえ同じジャンプで連載を続けるわけにいかなかったからとの事
しかし…集英社から秋田書店ですぜ? いや~当時はおおらかな時代だったんだなぁ♪
さて活躍の場を移した桜多マジンガーですが最初は猫を被っておりましたw
ですが次第にその本性を剥き出していく事になります

●ブロッケン伯爵に支配されたアフリカのアカバン国にて
 蜂起したゲリラとともに戦うZ 【暗黒大陸のマジンガーZ】
●異次元から食料調達にやってきた「神の魚」チップカモイに
 兜甲児とアシュラ男爵が一時的に共同戦線を張る 【チップカモイ】
●ミケーネのゴーゴン大公を後ろ盾にあっちこっちの支部から資材をネコババするアシュラw
 手始めに高校を留年してしまった甲児を励ますパーティの間隙を突いてマジンガーを見事強奪
 その際マジンガーを取り戻さんとした甲児も捕まってしまう
 基地にもどったアシュラは甲児に仲間にならないかと誘いをかけるが甲児は拒絶
 で、それを聞いたアシュラのセリフがかっちょイイw
 「良いとか悪いとかは何で決まる?いや誰が決めたんだ 人間だ!人間が決めたんだぞ!!
  一部のよわ~い自分の身を守る事もできぬふぬけ共が唱えたセリフが正義と平和だ!!
  (中略)たしかに正義の味方…平和を守る…なんていうのは聞こえはいい
  だけどそれで腹がふくれるかい?一円の得にだってなりやしねーじゃねえか
  挙句の果てが一生懸命やりすぎて学校落第だ! ざまぁねーよ」

 結局甲児は逃げ出すことに成功するがアシュラのRI計画もスタートする
 RI計画!それは世界中にセットされた火山型ロケットからの一斉噴射により
 一瞬地球を制止させるという途方もないものだった
 最初の攻撃で甚大な被害を被った人類に対しアシュラは全面降伏を呼びかける
 苦悩した挙句降伏に応じる弓博士…再び同じ攻撃を受けたならば
 地球はその自転を停止し公転軌道を外れてしまうかもしれないのだ!
 しかし甲児は最後の最後まで望みを捨てないと言い放ち
 アシュラへの攻撃を続行するのであった 【RI計画】

そして最終回
●前回の戦いで傷ついた光子力研究所とZ…
 ドクターヘルはここぞとばかりに機械獣軍団を差し向けてきた
 ここで戦力の減退した研究所を守るべく布陣していた自衛隊が大活躍!
 このときの機甲師団司令官のセリフがすごい
 「おどれーたか 伊達に30年もアメ公を駐屯させてんじゃねーや
  ミサイルや原爆地雷のひとつぐらいくすねるのわけねーや」

 いいのか?おい…汁
 ダメージを受けた飛行要塞グールを追尾したマジンガーは遂に敵の本拠地地獄城を発見する
 鬼神のごとく暴れるマジンガーだったがドクターヘルの要請を受けて現れた
 ゴーゴン大公率いる戦闘獣にボコボコにされてしまうのであった
 それを観て歓喜するヘルであったが彼はミケーネ闇の帝王の命をうけたゴーゴンに刺殺されてしまう
 ヘルは死の直前にゴーゴンを道連れにするべく
 地獄城を浮上させ光子力研究所へ激突させるコースへと乗せるのだった
 ここで窮地に陥ったマジンガーを救うべくグレートマジンガーが登場!
 瞬く間にミケーネの戦闘獣を一掃!それとともに軌道を逸れていく地獄城…甲児は行方不明…
 数週間後、弓博士とさやか、シローの3人は科学要塞研究所において甲児との再会を果たす
…と、この前に弓博士と兜博士の会話シーンがあるのですが
 「兜剣造博士!!あなたはたしか実験中の事故で…」
 「そうです だが父の十蔵博士がわたしを死からよみがえらせてくれたんです サイボーグとして…」
 んでその直後に甲児が現れる…
これってなんかイヤ~な展開でない?
 しばらく行方不明だった甲児とサイボーグとして生きてました~の兜博士…
 案の定この後には…さやかが甲児に駆け寄り
 「どうして連絡くれなかったの ばかばか」と彼の胸を叩くと
ポコン ポコンという音が…
なんと甲児は胸部と左腕が機械になってしまっていたのでした
 …なんという…ことか TT


おぃおぃエエんかこんなんでって展開ですが ふっふっふ…
次作「グレートマジンガー」はこんなもんじゃありませんゼ旦那w

マジンガーZ・OP1+2







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
永井豪原作作品…
先生! どうも"桜多吾作"が正しいようです!押忍!
しかもワタシもこれまでとんでもない勘違いをしていたことが判明しました!
ワタシは"桜多吾作"は"おう たごさく"だと思っておりましたが、"おうた ごさく"だったのですね(恥)!
それはさておき…。
へー。マジンガーシリーズは桜多吾作氏がカバーされていたのですね。知りませんでした。永井の豪ちゃん作品のカバーというとやはり石川賢を先に思い浮かべてしまいます(ゲッターシリーズとか)。こちらもかなりエグイようですが、桜多先生もエグイんですね(笑)。勉強になりましたw。
たるP 2006/11/12(Sun)18:31:07 編集
あ…
ご指摘ありがとうございます こっそり修正いたしました
本を片手に書いてたのになぁ…汗顔

たしかに石川賢さんのゲッターもエグイんですが
桜多さんのマジンガーシリーズは別の意味でまたエグイんですよ
どういうことかといいますと…
あ、そのへんも踏まえて次のグレートのレビューにしよw
トーマ 2006/11/12(Sun)19:15:23 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
(11/15)
(11/14)
(06/12)
(01/15)
(01/15)
(01/12)
(12/20)
(11/15)
(11/14)
(10/16)
プロフィール
HN:
トーマ
性別:
非公開
趣味:
お絵かき
フリーエリア
QRコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]