忍者ブログ
アレコレ好き勝手に絵板で描き散らしてます 一緒に特撮やアニメの話をしませんかぃ?うぃ?
[69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タイトルをご覧になって「あ、キネティック弾頭要素♪」と思われた方
はい、大正解でありますw

「弾頭?なんで弾頭なの?ガンダムに出てきたファンネルはビーム撃ってたよ?」
そうですよね あのファンネルはMSに搭載されたサイコミュからの指令でビュンビュン飛び回って相手の死角からビームをドカドカ撃っておりました
そいでわなんでファンネルなのか?そりわこの弾頭の動きに秘密があります




ね? ファンネルみたいでしょw


で、このキネティック弾頭要素(要は弾頭の中身ってこと)ですが
実はコレ自体にはなんの武装もありません
というかこいつ自体が武器であります
弾頭と呼ばれるのは伊達じゃないんですね 
相手に体当たりかますわけです「おら!」って
もうチョット説明しますと…
こいつ自体にはなんも推進力は備わっておりません
ご覧いただいたように姿勢制御能力しかないのです
でも心配はナッシンw
こいつはミサイルの弾頭内に格納されて打ち出されます
そんで目標近くにきましたら弾頭内から「よっこいせ」と出てくるわけですが
当然それまでにミサイル本体から受け取った慣性はそのまま維持してますので
とくに推進のための仕掛けはいらないのです
あとは自前の赤外線カメラで相手を捉えて自分がぶつかるように姿勢をチョコチョコと…


そもそもこの国産ファンネルは弾道ミサイルの迎撃のために開発されました
覚えてますでしょうか?’98のテポドン事件?
あんな無茶なことを隣国がやるもんだから日本は米国の
「弾道ミサイル防衛の研究開発一緒にやんない?」の誘いに
「いままでは断ってたけど…しょうがないよね」と乗っちゃったのですね
そんでようやくここまできましたよ と
(キネティク弾頭の開発は日本担当)
すでに迎撃実験にも成功してたりしております





あ、そうそう「Kinetic」とは「運動」の意です






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新CM
(11/15)
(11/14)
(06/12)
(01/15)
(01/15)
(01/12)
(12/20)
(11/15)
(11/14)
(10/16)
プロフィール
HN:
トーマ
性別:
非公開
趣味:
お絵かき
フリーエリア
QRコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]